思春期にはホルモンバランスの崩れが
多くのトラブルを発生させます。

その中でも多くの方を悩ませるのが
とても辛い思春期ニキビです。

人によっては大きなコンプレックス
となるためにすばやく治したいと
思っている方も多くいると思います。

クレアラシルなどニキビの薬は沢山ありますが
次々に新しいニキビができてしまうので
改善する事はなかなか難しいものです

そんな厄介な思春期ニキビを治す為には
実は洗顔がとても重要なのです。

毎日の洗顔をきちんとする事で思春期ニキビを
すっきりと治す事が可能となってきます。

思春期ニキビ対策ができる洗顔料
とはどの様なものなのでしょうか。

ニキビが出来ている肌はとても刺激に
弱く炎症が起きている状態です。

またニキビの原因となるのは皮膚の
古い角質などが毛穴に詰まる事で
そこが炎症を起こす為に起こります。

ですので肌に優しい成分でできていて
尚且つ古い角質をしっかりと取り除く事も
出来る洗顔石鹸でなくてはいけません

★思春期ニキビに効く石鹸とは★
▼1.ニキビの炎症を抑える効果がある事
ニキビ肌は炎症を起こしている状態ですので
洗顔石鹸の成分に炎症を抑える成分も含まれているのがベスト
含まれていない場合はクレアラシルなどの市販薬と併用してもOK

▼2.保湿効果がある事
保湿が必要と聞くと意外かもしれませんが、
肌がちゃんと保湿された状態であれば
アクネ菌などの増殖も抑制してくれます

また、乾燥しているとそれを補おうと
皮脂が無駄に分泌されて毛穴詰まりの原因に。

ですので、ある程度の保湿効果があった方が
ニキビができにくい状態を保つ事ができます

▼3.古い角質を落とせる事
ニキビができる原因は古い角質や毛穴汚れや
思春期に分泌が多い皮脂が詰まってしまって
アクネ菌が繁殖することで起きるので

毛穴が詰まらないようにしっかりと
毛穴汚れを落とせる洗顔料を選ぶようにしましょう

▼4.肌に優しい成分である事
ニキビ肌は炎症が起きていてとてもデリケートですので
できるだけ肌に優しくて刺激が少ない石鹸が良いでしょう

思春期ニキビに有効な洗顔石鹸を使用して
朝晩2回しっかりと洗顔する事で

根本から新しいニキビができない
肌に改善するようにするのが重要です。

まずは自分の肌に合った洗顔料を
探して早めにケアを始めていきましょう。

1位NonA(ノンエー)
[価格⇒2,940円(税込)]
全身に使用できる薬用ニキビ用石鹸
思春期ニキビに最も有効な石鹸

○ニキビを治すための薬用ニキビ石鹸(厚生労働省認可)
○グリチルリチン酸2Kでニキビの炎症を抑える
○ダイズエキスで過剰な皮脂分泌を抑えて整える
○無添加で低刺激で保湿成分もたっぷり配合

▼ご購入はこちらから▼
思春期ニキビに効く洗顔料ならNonA(ノンエー)
[価格⇒1,890円(税込)]
全身に使用できる薬用ニキビ用石鹸
モコモコ泡で毛穴の奥の汚れも落とせる

○超微粒子の泡で毛穴の汚れをさっぱり落とす
○ニキビに効くグリチルリチル酸ジカリウムを配合
○アロエやコラーゲンなど保湿成分もたっぷり配合
○こだわりの天然成分で肌にも優しい自然派石鹸

▼ご購入はこちらから▼
思春期ニキビに効く洗顔料ならよか石けん
[ポットタイプ⇒3,995円(税込)]
[スティックタイプ⇒1,575円(税込)]
全身に使用できる薬用ニキビ用石鹸
17種の生ハーブの力でニキビを治す

○17種類の生ハーブエキスをたっぷり配合した石鹸
○ニキビに効くショウガ根やアロエベラ葉を配合
○圧倒的な保湿力でニキビを繰り返させない
○ハーブをメインとした無添加でナチュラルな石鹸

▼ご購入はこちらから▼
思春期ニキビに効く洗顔料ならルアンルアン生せっけん

▼ホルモンバランスの崩れ
思春期は成長期でもあります、その為に
成長ホルモンが多く分泌されています。

これが体全体のホルモンバランスを崩す原因となり
それが思春期ニキビを作る原因となるのです。

▼偏った食事や間食
過剰な皮脂分泌で余分な皮脂が毛穴に詰まる事が
思春期ニキビに多くある原因となっています。

この皮脂が多く分泌される原因には偏食など食事による
栄養バランスの崩れも一つの原因です。

脂っこい食事などを多く食べていると
思春期ニキビが出来やすくなると考えられています。

▼ストレスや寝不足
元々ホルモンバランスが崩れやすい
思春期ですから寝不足やストレスでも
簡単にホルモンバランスは崩れてしまいます。

その為に悩みなどが多く、睡眠時間の少ない
思春期はストレスが溜まりやすく
それがニキビの原因とも言われています。

思春期ニキビは栄養バランスの取れた食事が効果的です。
その為にそれぞれの栄養素を多く含んでいる食べ物を
バランスよく食べるようにしましょう

▼ビタミン類
イカやタラなどの魚介類に多く含まれていて
ほうれん草やカボチャ、ブロッコリー等の
野菜にも多く含まれています。

▼亜鉛
亜鉛は動物のレバー、うなぎ、ゴマ、納豆など
様々な食べ物でとることが出来ます。

▼食物繊維
おからやごぼう、しそやインゲン豆とえんどう豆などの
豆類に豊富に含まれています。