思春期ニキビに効く洗顔料TOP > 思春期ニキビの仕組み

思春期ニキビは、どのようにしてできるのか、
その仕組みについてご紹介したいと思います。

ニキビは、皮脂や毛穴の汚れなどの老廃物が溜まり、
これをほおっておくと皮脂腺が可能して、炎症を起こし、
ニキビの原因菌であるアクネ菌が繁殖します。

ニキビのできはじめは白いポツポツが出る程度ですが、
やがて進行すると、炎症がさらに悪化して、
黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビとなります。

皮脂腺は、毛穴を通してお肌の表面に出ており、
常に皮脂を作りだしています。

皮脂が過剰に出ると、毛穴が塞がれてしまい、
ニキビの原因になりますが、かといって
まったく皮脂がなくなってしまうと、

お肌の油分が失われてしまい、お肌の健康にも
ダメージを与えることになります。


昔から「寝る子は育つ」と言われているように、
成長を促すには睡眠は重要ですよね。

そして、思春期ニキビの予防、改善には、
質の良い睡眠をとることで、

お肌のターンオーバーを正常にするので、
睡眠と思春期ニキビは深い関係があります。

精神的疲労や肉体的な疲労、ストレス、不規則な生活習慣は、
お肌のターンオーバーにも悪影響をもたらします。

毎日の生活習慣を今一度見直してみて、
お肌に負担をかけない生活を送ることが、
ニキビの予防・改善対策にもつながります。

質の良い睡眠とは、単に毎日睡眠時間を
長くとれば良いということではなく、

とくに夜10時〜深夜2時までの時間帯は、
成長ホルモンが活性化される時間帯であり、

この時間に熟睡することで、お肌のターンオーバーを
正常化するとも言われています。