思春期ニキビに効く洗顔料TOP > 思春期ニキビの種類

思春期ニキビと一言で言っても、
実は種類があります。大きく分けて三種類で、

白ニキビと呼ばれる初期段階、
黒ニキビと呼ばれる中期段階、
そして赤ニキビと言われる最終段階です。

思春期ニキビはどれも同じというわけではなく、
種類があるのでそれぞれのニキビに
ふさわしい治療法を心がけていく必要があるでしょう。

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビは
その名前の通り見た目の色で区別することもできます。

全体的に白い感じのニキビが、白ニキビになります。
皮膚の下で皮脂が詰まって
出られなくなり膨らんで、白く見えるのです。

ニキビの先が小さく黒くなっている状態が、
中期段階の黒ニキビです。

どうして黒くなっているかというと、
毛穴に詰まった皮脂が酸化してしまったからなのです。

最終段階の赤ニキビですが、
毛穴を詰まらせている皮脂が
細菌で炎症を起こしてしまい、赤くなります。

赤ニキビまでニキビが進行してしまうと、
ものすごく痛いこともあり
集中力に欠けてしまう可能性もあるでしょう。

見た目も目立ちますし、学生にとって
精神的にも学業的にもダメージがあります。

赤ニキビはさらに進行して
炎症がきつくなれば、膿が出る場合もあります。

そうなると触れないくらいに
痛みを伴う可能性が出てきます。


白ニキビは、ニキビを大きく分けると、
もっとも初期の初期の段階の症状です。

ニキビのできはじめは、毛穴が詰まり、
皮膚の表面に白いボツボツができている状態、
これを白ニキビと言います。

白ニキビは、その先端が白くなっていて、膨らんだ状態です。
ニキビを指や爪で無理につぶそうとすると、
そこから雑菌が侵入して、かえって
症状が悪化する可能性もありますので、

むやみに掻いたり、触ったり
つねったりして、刺激を与えないことです。

白ニキビがみられるようになると、
ニキビの原因菌であるアクネ菌がどんどん繁殖していて、
ほおっておくと、やがて赤ニキビへと進行します。

この段階で、早めに気づいて
十分なスキンケアをしておけば、
早めに治ることもあります。


白ニキビよりさらに進行すると、黒ニキビになります。
毛穴の詰まりがさらにどんどん
皮膚の表面へと押し上げられて、

毛穴が開いて、白ニキビが
酸化した状態が黒ニキビです。

白ニキビは、皮脂が白い塊になっており、
油分が空気に長い間触れると、次第に酸化します。

思春期の黒ニキビは、
新陳代謝が活発で、毛穴が詰まりやすい
鼻や額などのTゾーンにみられることが多いようです。

黒ニキビが進行すると、
赤ニキビになりますので、早めのケアが肝心です。

黒ニキビの対処法としては、
常にお肌を清潔にしておくことはもちろん、

ニキビ専用の洗顔料や化粧水などの
スキンケア製品を使って、
お肌のお手入れをすることです。

ニキビ専用洗顔料や化粧品には、
アクネ菌に直接働きかけて殺菌作用を持つ
成分が含まれているものもあります。


赤ニキビは、黒ニキビがさらに進行した状態で、
毛穴に詰まった皮脂がどんどん皮膚の表面まで押し上げられて、
さらに横に広がると、赤ニキビになります。

この段階になると、ニキビの原因菌である
アクネ菌がかなり繁殖している状態で、
なるべくなら皮膚科専門医の診察を
受けることをおすすめします。

赤ニキビがさらに進行すると、黄ニキビになり、
ニキビ跡が残ることもありますので、

早めに皮膚科専門医の診察を受けて、
適切な治療を受けることが肝心です。

ニキビが軽症であれば、
お肌にダメージを残さなくてすみますが、

お肌の皮下組織にダメージを受けた場合は、
ニキビ跡が残り、でこぼこ状に
なることもありますので、注意が必要です。

思春期ニキビは青春のシンボルだからと言っても、
お肌に炎症が引き起こされた状態ですから、
ニキビをそのままほおっておいてはいけません。